将来性を考えたフリーランスの仕事の獲得

フリーランスのエンジニアが活躍できる期間は限られていることが多く、年をとるにつれて仕事の獲得が難しくなりがちです。体力や気力は年々衰えるようになってしまうため、企業側としても依頼を出しにくくなってしまいます。

技術的にも若い世代に比べて新しさで劣ってしまうことも多く、十年もフリーランスをしていると仕事の獲得が厳しい状況に置かれる傾向があるのです。そのような将来を見越して仕事の獲得方法を選ぶことは肝心であり、将来的にはまた企業で働くことを考えておくのが一般的になっています。

将来性のあるエンジニアとなるために重要な考え方として典型的なのが、キャリアを作り上げることです。次のキャリアにつながるように仕事の種類やバランスを考えて請け負い、自分のスキルの幅を広げながら仕事をしていくことによってスペシャリストやプロジェクトリーダーとしての道を切り開くことができます。広い現場で仕事をした経験があると、多様な場面への柔軟な対応力があることを評価されて転職にも成功しやすくなるでしょう。

一方、特定の企業とのコネクションを作るのも戦略の一つであり、安定して収入を得られる仕事の獲得方法でもあります。ずっと同じ職場でいくつかの仕事を請け負っていると人脈が広がり、優秀な人材だと認識されて正規雇用のオファーをもらえることもあるのです。フリーランスをする上ではこのような企業とのコネクションを重視する働き方も大切になります。