自分の人脈を使って仕事を獲得する

企業に勤めていた頃に管理職の立場にあった人がフリーランスへ転職した場合に、どのような手段で仕事を獲得するのが良いかという悩みがあるかもしれません。その悩みを解消するには自分の人脈を使った仕事の獲得方法が効果的ではないでしょうか。管理職の立場にあったということはプロジェクトリーダーに任命されていたケースが多いと考えられます。プロジェクトリーダーは開発チームのメンバーとコミュニケーションを取る機会が多いため、チームメンバーからの信頼度は高いはずです。その高い信頼度があれば、かつてのチームメンバーに相談した際に仕事を回してもらえる可能性が高くなります。

管理職を務めていた人は会社側からの印象も悪くない場合が多いです。そのため自分が勤めていた企業に仕事を依頼してもらえないかという交渉をすれば、仕事を獲得できるでしょう。自分が勤めていた企業であれば、自分の持つスキルや実績についても詳しいので、交渉がスムーズに行われるというメリットも得られます。

プロジェクトリーダーを担っていた場合はクライアントとの交渉を行っていることも多いでしょう。そういう人は企業に勤めていた頃の取引先に仕事の相談をしてみても良いかもしれません。その取引先にとって自分が価値の高い存在であった場合は仕事を依頼してもらえます。取引先の自分に対する評価によっては高単価な仕事を依頼してもらえる可能性もあるので、収入アップの期待をもっておいても良いでしょう。

また、考え方によっては案件紹介サービスを活用するという手もあります。自分の仕事に没頭できる時間を確保できるというメリットがある他、自分の希望や得意分野にマッチした案件を紹介してくれるという魅力もあります。もし交渉が苦手だとしても、案件紹介サービスの使い方さえ理解して活用すれば、第三者目線で自身を評価した上で適切な仕事を紹介してくれるので、考えてみる価値はありそうです。